電子マネーと仮想通貨(暗号資産)の違い

電子マネーも仮想通貨も手で触ることができなく形が見えない通貨です。

紙幣や硬貨の現金を持っていなくても、スマートフォンや磁気専用カードがあれば、飲食店、コンビニエンスストア、電車やバスの運賃の支払いすることが可能です。電子マネーと仮想通貨の違いはどこにあるのでしょう。

電子マネーは、現金法定通貨と同じように発行主体が存在し、SuicaはJR東日本、nanacoはセブンカードサービスが発行主体となります。

ビットコインのような仮想通貨には、発行主体が存在しません。

電子マネーは、日本円の代替物であり日本円3000円分をスマートフォンや磁気専用カードにチャージ、つまりデータを記録する作業を行います。これで3000円分の買い物が可能になります。

ビットコインは、日本円ではない通貨、独自の仮想通貨です。

仮想通貨は、モノやサービスの支払いに使われるだけではなく、個人間の通貨のやり取りも可能です。日本円や米ドルなどのように金融機関を通さずに、仮想通貨の入ったアプリやインターネットで管理できるウォレットから相手のウォレットへ仮想通貨を送金できます。

日本円や米ドルなどの場合金融機関の営業時間内でしか通貨の送金を行うことができませんが、仮想通貨の場合には、24時間365日送金することが可能です。

このように目に見えないモノで買い物ができる点は同じですが、内容は全く違うモノだということができます。