暗号資産の価格が決まる仕組み

円、ドルやユーロなどの法定通貨の価格の決まり方と暗号資産の価格の決まり方は違います。

法定通貨は、国家の中央銀行によって管理されており国の信用度によって価格が決まっており、国の経済状況や他国との関係また世界情勢により法定通貨の価格が上下します。

暗号通貨は、法定通貨のように国家の中央銀行である管理者がいないため、暗号通貨の価格は需要と供給のバランスによって決まっております。

この暗号資産の価格に影響を及ぼすものは、暗号資産自体の信用度や知名度、将来性です。

暗号資産の価値を保つためには投資家の信頼を得る必要があります。今後価値が上がるは、価値が下がるかで暗号資産の売買が行われます。

暗号通貨の価格の上下にもう一つ重要な要素として、通貨の発行枚数があげられます。法定通貨は、国家が通貨の発行量を調整しておりますが、暗号通貨はブロックチェーンによって発行枚数が決められております。決められていると言いますか、ブロックチェーンによって暗号通貨が発行されており暗号通貨によって発行枚数に上限がある通貨と発行枚数に上限がない通貨があります。

暗号通貨の発行枚数に上限があることで、まるで埋蔵量が分かっている金のように希少性で価値が高まるものもあります。