暗号資産

米大手仮想通貨(暗号資産)取引所CoinbaseのCEOを務めるBrian Armstrong氏は、今後予想される仮想通貨市場の展開について言及。市場の成熟化が進み、アルトコインがビットコイン以上に普及する可能性は十分にあると示唆した。

ビットコインの市場ドミナンス(支配率)は2020年以降、アルトコイン市場への資金流入に伴い、仮想通貨元年と呼ばれた2017年のバブル期以降、再び減少しつつある。Armstrong氏は、競争の再活性化を指摘する。

日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは6日、2020年3月12日に仮想通貨クアンタム(QTUM)の取り扱いを開始すると発表した。クアンタムは現在、国内の仮想通貨交換業者において取り扱いがなく、同社が国内初の取り扱いになる予定としている。

同社は2020年2月25日、クアンタムの取り扱いを開始すると発表していたが、同発表では取り扱い開始時期は明らかにされていなかった。今回の発表により開始時期が明らかとなった。対象サービスは、「コインチェック(ウェブ)およびコインチェックアプリにおける送金・受取・購入・売却」と「コインチェック貸仮想通貨(ウェブ)」としている。