金融庁が、老後資金に言及した報告書のニュースを見た方は、多いかと思います。老後の公的年金だけでは、現役時代のような生活水準を維持したままでは、老後資金は足りなくなってしまう恐れがある。

国民一人一人が、資産を若いうちから運用し、足りない老後資金を作る必要があるという内容でした。しかし、野党や報道が、「年金が破綻する」などという歪曲した解釈で世間を騒がせていました。しかも一人当たり2000万円は必要だと。

間違った解釈をされてしまいましたが、我々日本人も自分の将来必要な資産をどのように運用していくべきか自分で学び、適切な投資を選び資産を運用していくべきことを認識する良いきっかけとなったと思います。

資産運用について

資産運用 資産運用は、自分が所有している資産を管理し投資を行い資産を増やすことです。資産とは現金、不動産、株式、債券などで、これらを自分で資産運用したり、プロのファンドマネージャーに管理・運用を任せる方法があります。

全ての投資において資産を減らしてしまったり、無くしてしまうリスクが伴います。

皆さんが既に行っている資産運用があります。それは、銀行、信用金庫、信用組合など金融機関へ現金を預ける預金、定期預金なども現在では金利が低すぎて資産ほぼ増えませんが資産運用と言えます。また、保険にも資産が増えるものもありますがかなり長期間の資産運用が必要となり、投資に対するリターンの感覚はあまりないかもしれません。

資産運用の種類には、株式投資やFX投資、投資信託や国債のように国が発行する債券など、比較的ローリスクなものもあります。

資産運用というと、投資を初めて行う方にとってはリスクが大きく損をしてしまうというイメージがあるかもしれません。

株式投資やFX投資といったハイリスクハイリターンな金融商品だけが、投資ではありません。その他にもいろいろな投資による資産運用がありますので、私たちと一緒に少しづつ学んでいただき投資、資産運用を理解していただき、実際に投資を行い資産運用していだき明るい楽しい未来を作っていければと思います。

暗号資産とは

暗号資産暗号資産とは、インターネット上で取引ができる通貨のことを指します。暗号化されたデジタル通貨であり、また通貨は交換するための媒体でもありますが、物理的な実態、硬貨や紙幣はありません。

主な暗号資産は、ビットコインやイーサリアムなどです。暗号資産は、交換する媒体に特化した通貨であるため、様々な取引に活用することが可能です。

商品やサービスの代金の支払い、日本円やアメリカドルやユーロ等の通貨との交換、自分が持っている他の暗号資産をインターネット上で交換することもできます。

私たちが慣れ親しんでいる日本円といった通貨と暗号資産の最も大きな違いは、銀行などの金融機関を介さずに通貨のやりとりができるというところです。個人間の取引を自由に行うことができるのです。今まででは考えられないことができるようになりました。

暗号資産は、金融機関を介さない通貨です。暗号資産をどこで入手することができるのかと言うと、「交換所」や「取引所」と呼ばれる事業者、暗号資産交換業者から直接入手したり換金したりします。

暗号資産は、国や中央銀行がその価値を保障する法定通貨ではありません。さらに暗号資産のほとんどはその通貨の価値を保証する金などの裏付資産を持っていないため利用者の実際の取引では金融機関と同じような役割を果たすことになるので日本の法律では金融庁財務局の認可を受けて登録した事業者のみが行うことができます2019年9月現在登録事業者たったの20社に過ぎません。

仮想通貨と暗号資産について

libraリブラ暗号資産暗号資産は、いままで「仮想通貨」と呼ばれていました。2018年にアルゼンチンで開かれた金融や世界経済に関する首脳会合G20サミットにおいて、「仮想通貨」は、通貨の定義に当てはまらないということになりました。

特定の国がその価値を保証している法定通貨とは、全く内容が異なっていて通貨の流通も管理体制も脆弱であると指摘を受けてしまいました。「仮想通貨」を悪く利用する方法として、反社会的勢力がマネーロンダリング、資金洗浄に利用したり、課税の逃げ道に使われる懸念があるということで、「仮想通貨」という呼称から「暗号資産・Crypto Asset」と国際的に呼ばれることとなりました。

この「仮想通貨」の国際的な呼称変更に合わせ、我が国日本においても2019年5月に改正資金決済法で「暗号資産」と定められました。

ブロックチェーンについて

ブロックチェーンテクノロジーブロックチェーンとは、ビットコインやビットコイン以外の暗号資産、アルトコインのしくみを支える中心となる技術です。暗号資産であるビットコインは、暗号技術を使ったデジタル通貨です。

現在利用されている情報システムは、インターネット上にサーバーを置いてそこにデータを保存し閲覧するしくみです。これに対しブロックチェーンは、P2P(ピアツーピア)ネットワークを用いて管理する「分散台帳」を採用しております。

暗号資産のビットコインの取引は、誕生から現在まで全ての取引データの記録がインターネット上に公開されています。取引データを誰でも閲覧できる状態にし、お互いのユーザーが監視することができるしくみを取っていることで一部の取引データが万が一ハッキングされたとしても、他のネットワークの参加者(ノード)でデータの再生が可能なため、管理者不在のまま一度もシステムを停止せずに動き続けております。

暗号資産マイニング企業への投資で資産運用

東ヨーロッパに位置する大きな国ウクライナにあるアルトコインマイニング企業「マイニングエクスプレス」への投資を行うことが出来ます。マイニングエクスプレスは、世界最大級のマイニング工場を建設しました。

運営会社は、ウクライナ国立銀行のシステム開発を行う企業「ヌティックホールディングス」で、グループ企業は28社に及びメインの事業は、IT関連、データ通信、エンジニアリング、企業設備設計などをです。

設備設計専門家が建設したマイニング工場は、空調設備に何と5億円を投下し、マイニング企業の電気は、原子力発電所から直接受電しています。マイニング工場への電力の供給量も最大100MWにのぼり世界一と言われております。

マイニング工場を管理するエンジニアも150人以上在籍し、24時間365日体制で稼働しております。マイニングマシーンは、超ハイスペックにカスタマイズされたNVIDIA社のGPUを導入しております。マイングマシーン1台に毎にボードを9枚まで増設でき、最大45万枚までボードを設置できる世界一と言える設計構造のマイニングマシーンを使用しています。マイニングマシーンは、6000台ありボードは、54,000枚にもなります。今後は、マイニングマシーンを15,000台にし、135,000枚のボードが稼働していく予定です。

マイニングエクスプレスのオーナーは、個人資金から118億円を投資しこのマイニング工場を建設しました。マイニングエクスプレスのマーケティングには、アフィリエイトを採用されています。このマイニング企業への投資をお考えの方は、早めにご相談いただければと思います。

マイニングエクスプレスでは、マイニングの報酬を毎日配当する形となっております。

マイニングエクスプレス ビジネス&報酬プラン説明動画

マイニングについて

マイニングエクスプレスマイニングは、新規発行される暗号資産(ビットコイン)を採掘者(マイナー)に与える仕組みで、毎日行われている暗号資産ビットコインの取引が適正なものかどうかを、判断し承認する作業のことを指します。

このマイニングという作業を行わないと世界中で毎日行われている暗号資産の取引が正しい取引なのか間違った取引かが分からなくなってしまいます。

今までのシステムでは、暗号資産の取引が行われるシステムで不正やエラーがないかを常に確認する管理者を置く必要がありこれがが一般的です。

しかし暗号資産ビットコインの場合は、管理者が存在しないため、不正を行いづらくする仕組みが必要になります。

この不正を行えないようにする仕組みが、プルーフオブワークと呼ばれる仕組みです。

例えば誰かが、勝手にこの暗号資産の取引を承認するといったとしてもビットコインのシステムでは許可されません。

このプルーフオブワークに基づいてのみ承認と合意がなされます。

プルーフオブワークは、日本語に訳すと作業の証明となりめす。

コンピュータに膨大な計算(作業)を行わせ、競争を行います。具体的には、コンピュータにある条件を満たした数字を早く見つける競争をさせその条件を満たした数字に一番早くたどり着いたコンピュータに対して、暗号資産ビットコインの報酬が支払われます。

この作業を行った時にコンピュータで新しい取引ブロックが生成されその情報が世界中のネットワークに共有されます。

レンダリングについて

レンダリング(コンピュータ)レンダリングは、コンピュータプログラムを使い、特定の数値データを特定の計算式で計算し表示させることを指します。ホームページのプログラムHTMLファイルを、ユーザーが目で見られるようにブラウザ上にホームページに表示させることもレンダリングといいます。

また三次元コンピューターグラフィック制作の世界では、三次元空間の物体を二次元の画像に変換すること、データを合成する作業で完成したデータを最終的な映像データに出力することを指します。